ホーム > お知らせ > 福岡市の不正再発防止等の取り組みについて

 福岡市の不正再発防止等の取り組みについて

20210709日更新

 本市職員の服務規律の確保につきましては,かねてより公務員としての自覚を促し,全体の奉仕者として公務を誠実かつ公正に遂行するよう厳しく指導し,綱紀粛正に努めているところであります。
 職員が職務上関係のある業者又は利害関係者から,金銭・物品等の収受・貸借,酒食の供応等を受けることは,基本的に禁止される行為であり,たとえそれが通常の社交的儀礼と目されるようなものや,福岡市職員倫理行動規準の禁止行為に該当しない行為であっても,市民の疑惑を招くような行為は絶対に行わないよう全職員に対し指導の徹底を図っているところでありますので,各位におかれましては,この趣旨をご理解いただきますようお願いいたします。
 昨今,公共調達に関し,他都市において贈収賄,談合等により業者等が逮捕されております。また,暴力団等と密接な関係を有していると福岡県警から通報される業者が,依然として,後を絶ちません。
 本市では,「福岡市競争入札参加停止等措置要領」の措置要件に該当する不正行為等を行った競争入札参加有資格者に対しては,従前同様に厳正な姿勢で臨みますので念のため申し添えます。
 加えて,飲酒運転の撲滅に向け,交通安全の推進に組織をあげて取り組んでおり,市民の皆さまや企業,関係機関などにも広く呼びかけているところです。

お知らせトップへ

このページの先頭へ